根元や生え際まで上手に染められる白髪染め

根元・生え際を上手に染めるならヘアマニキュア

生え際を見る女性白髪を染めているとどうしても染め残してしまうところが生え際、根元部分が多くなってしまいます。

その場合には、ヘアマニキュアがおすすめです。
皮膚を傷めず、自然な色合いに見せてくれるヘアマニキュアは、多くの美容院でもおすすめされており、その仕上がりにも十分満足できるからです。

生え際、根元は頭皮にも直接関わっている部分です。
そのため、化学物質が含まれているヘアカラーでは頭皮はもちろんのこと、根元にも直接ダメージを与えてしまいます。

頭皮を直接ヘアカラーで染めると、皮膚にピリピリした感触がすることもあります。
直接頭皮にヘアカラーの成分が入り込んでいくため、頭皮が悲鳴を上げている状態になってしまうのです。

生え際をヘアカラーで染めてしまうと逆に生え際のほうの色が目立ってしまい、不自然な仕上がりにもなってしまいます。

その点、ヘアマニキニキュアは髪の表面のキューティクルが傷んだ場合、髪を保護する役目を果たし、なおかつ色素を含んでいます。

またナチュラルな色で仕上げることができるので、ヘアカラーのようなしっかりした色合いよりも根元は自然な色合いで染めるほうがいいでしょう。
きれいに見せる、ナチュラルに見せたい、と考えるのであればヘアマニキュアをおすすめします。

ヘアカラーのほうは髪の色付きが良いという点で評価されておりますが、そのほかの隠れたデメリットが気になってしまいます。
髪をいたわる、髪を守る、自然な色合いで染めたいという人はヘアマニキュアで染めることが賢明といえるでしょう。

頭皮についても安心の白髪染めを選ぼう

ヘアートリートメント頭皮は繊細で、化学物質の入っているヘアカラーははっきりいって毒に近いものです。
髪へのダメージ、頭皮へのダメージのことを考え、ヘアートリートメントでの染髪をすることが髪、頭皮を守ることにつながるでしょう。

いくら染めることに強みのあるヘアカラーでも、根元から白髪が生えてくれば色の強いヘアカラーのほうが浮いてしまいます。

ヘアートリートメントであればナチュラルな色付けで染めることが可能なため、多少根元から白髪が生えてきたとしても、あまり違和感を覚えません。
髪のダメージがほとんどないヘアートリートメントであれば、頭皮へのダメージも和らげられます。

ただ、ヘアートリートメントといってもいろいろな種類があるためどれを買えばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。
これは参考情報ですが、基本的にヘアトリートメントはどれも髪へのダメージが非常に少ないタイプになっています。
したがって、染めるときも安心して使うことができることが強みです。

また生え際、頭皮に直接関わる部分に対しては、ヘアカラーはとても使いものになりません。
そのまま化学物質を頭皮に塗り込んでいることと変わりがないからです。
刺激が強過ぎてしまい頭皮、髪が傷む、余計に白髪の生える範囲が増えるということが起きてしまいます。

一方、ヘアートリートメントは髪のダメージをリペアすることも考えられた商品となっていますのでおすすめです。

白髪染めに対するヘアートリートメントは数多くありますので、その中でも自分に合った商品を選ぶことが何よりも大切です。