根元染めTop » 無添加タイプの白髪染め

トリートメントタイプの無添加の白髪染めってどんなもの?

無添加製品ヘアートリートメントには無添加タイプがあります。

こちらは化学物質を使用していない、植物由来、天然由来の色素を使って染めるものなので、髪にダメージを与えることが少ない点が大きな特徴です。

肌に優しく、敏感肌や傷みやすい髪質の人でも安心して使用することが可能となっています。

髪への発色が良いものも今では多く発売されており、癖毛、剛毛がまとまるようなものもあります。

また、嫌なニオイがせず、むしろ良い香りがするものも多く、使い心地がいい商品も発売されているのです。

そのほか、クリームタイプのものもあり、使い方は朝にクシで塗り、光に当てて反応させることで髪を染めあげます。

洗い流す手間も要らないため、服を汚すことがなく、使い勝手がいい点が魅力的です。

また、頭皮がデリケートな方、臭いに敏感な方でも使用が可能なので、刺激臭がしたり、頭皮への悪影響が及んだりするヘアカラーの使用は避けたいという人の使用にも向いています。

毛髪保護成分が配合されている商品が多く、染色後のリンスやトリートメント、シャンプーが不要のタイプも取り扱われています。

何より使い方が簡単なものが多く、デメリットが見つからないぐらいに良い商品が多くなっているのが特徴です。

中には完全無添加、天然由来100%の白髪染めなどもあるので、安全性にはこだわりたいという人も満足感が得られます。

強いてデメリットを挙げるとすれば、少しだけ値段が張るという点ぐらいでしょう。