根元染めTop » ヘアマニキュアとヘアカラー

ヘアマニキュアの特徴やヘアカラーとの違いは何?

髪のトリートメント効果ヘアマニキュアは名称の通り、髪の毛用のマニキュアと考えていいでしょう。

髪の表面のキューティクルが傷んだ場合に、髪を保護するためのもので、プラスそれに色素を加えたものがヘアマニキュアになります。

髪の外側に色素を付着させるものなので、色落ちがしやすいのですが、反面髪の毛をほとんど傷めることがありません。

ヘアカラーは髪の外側と内側に染料を染み込ませるため、どうしても傷んでしまいます。

またヘアカラーは最初脱色をしてから髪を染めるので、余計に髪がダメージを受けてしまいます。

ヘアマニキュアは手軽に染められて髪が傷まない、コーティングを落とすことで元の髪色に戻すことができ、髪にハリとツヤをもたらすことも可能です。

肌が弱い方も安心して使用することが可能な製品もヘアマニキュアには多く存在するので、安心して使用する事ができます。

それに加え、原料として植物性、天然素材使用されていることが多く、無添加のものもあり、肌にも頭皮にも優しい商品が多く販売されています。

以上のことから、白髪染めをしながら髪に潤いを与え、ツヤツヤな仕上がりが期待できる万能な白髪染めがヘアマニキュアといえるでしょう。

ヘアカラーは色落ちしづらい、黒髪にも色を変えやすいという魅力がありますが、頭皮、髪にダメージを与えるため、頻繁に使用をした場合、深刻な状態になることもあるのです。

また、ヘアマニキュアはアレルギー体質の人でも使えるものがあります。

色の持ちは3週間ほど、パッチテストも必要がない場合が少なくありませんし、従来品は染まりにくい部分がありましたが、新商品ではよく染まるものも登場しており、多くの人に愛用されています。