根元染めTop » ジアミン系がかゆみの原因に

ジアミン系薬剤がかゆみ・かぶれの原因に

白髪染めを使ってかぶれてしまった場合、現れる症状としてはいろいろなものがあります。

皮膚が赤くなったり、ピリピリと刺激を感じたりする程度のもののほか、出血してしまうという症状も出ることがあります。

ひどい場合には、顔全体が腫れてしまうこともあるのです。

その原因はジアミン系の薬剤であるパラフェニレンジアミン、パラトルエンジアミン、パラアミノフェノールの場合がほとんどです。

肌のかぶれだけではなく、アレルギーによってショック症状、重篤な場合、治療困難な内臓障害、造血障害を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

また、ジアミン系薬剤が原因のアレルギー反応が出てしまうと、現段階では治ることはありません。

それから、かゆみやかぶれなどが出た場合、身体の体温が高くなるほどひどくなる傾向があります。

したがって、温めすぎないようにすることが大切です。

また、症状が出た時点で医師のもとへ行くことも当然ながら必要です。

白髪染めを使ってこのようなかぶれ、かゆみの症状が出た場合には、次から白髪染めをする際にはジアミン系を含む薬剤を使うことは絶対に避けましょう。

今度はその程度では済まない危険な状態に陥る可能性があるからです。

市販されているヘアカラーは簡単に染められるという利点を持っていますが、相応のリスクを負う可能性があることを十分に理解してください。

自分の身体は自分で守るものです。

軽い気持ちで試し、重篤な状態になる可能性もなきにしも非ずなのです。

とりわけアレルギーなどの症状を持っている方は、使用する前に医師に相談し、使用の可否を判断してもらいましょう。